古き良きより良い品(もの)を、あなたの元へ届けたい。過去から現代(いま)、そして未来へ!

磁貫・ジガン

時貫・ジガン

陶磁器全般に生じる現象ですが、生まれ付きのニュウやカンニュウ等と違い、長い年月を経る間に四季や朝夕の温度差等から素地と釉薬の収縮率の違いによって自然に生じるカンニュウの事を表す言葉です。
このジガンについては、傷と言う人もおられますが、一般的には、傷の対象にはせず、時代を経た証拠として又、景色や見所として捉えていただきたい所です。