古き良きより良い品(もの)を、あなたの元へ届けたい。過去から現代(いま)、そして未来へ!
ARCHIVE

用語編

埃跡・ホコリアト

ひっつきの一種ですが、焼成時における埃等が器の表面に溶けてくっついた物。

ひっつき・ヒッツキ

焼成時において、他の器もしくは、他の器の釉薬等(不純物)が溶けてくっついた物で、通常は、傷の対象にはなりません。

窯疵(傷)・カマヒ・カマキズ

お皿等を造る過程に(ろくろで成形した後や窯で焼いてる途中で)出来た疵(キズ)の事です。普通の傷と違い、見分け方は、欠けたりヒビが入っていたりしても、その傷(キズ)が釉薬(うわぐすり)の下にあること。窯疵については、私の場合、窯から出た後についた後天的なキズとは一線を画して考えております。生まれながらのその姿が、傷ではなく、お皿の個性ではないかと考えます。現状では、キズと見る方もおりますが、古き物を扱う者にとってはとても淋しい事です。

丸紋・マルモン

丸い輪を描いた文様のことです。丸の中にパターンの違う模様が入ってたり、丸が重なっていたり色々です。又、この文様は大変人気のある文様であり、人気の品の目安とする事もあります。

アマ手・アマテ

全体に貫入(カンニュウ)が入っている物。これは、焼成時における素地と釉薬との収縮率の違いから生じた物で生れ付きの物ですので傷の対象には成りませんし、使用等にはあまり問題ない物もありますが、いずれにしても丁寧に扱ってもらいたいです。

貫入・カンニュウ

釉薬(うわぐすり)や胎土のどちらかだけにひびが入っており、表から裏まで抜けておらず、案外肉眼では見辛いものが良くあります。照明のあて具合や見る角度をかえることにより良く見る事が出来ます。作為的に最初から作る場合もあり、陶器物(つち物)の場合には、景色として楽しむ場合もあります。

入・ニュウ

ひび割れのことで、ひび割れが表から裏側まで抜けており、お皿等を指で弾くとビンビンと少しおかしい音がしますので、すぐ入(ニュウ)が有ることが判ります。(ニュウの場合は、肉眼でも比較的判断できると思います。)但し、陶器等の土物は絶対に指で弾いてはダメです。もし弾く時は、お店の主人や持ち主に許可を得てからの方が(エチケットとして)無難です。

ホツ・ホツレ

窯出し後、何らかの外傷によって皿縁や高台等が表もしくは、裏のみ欠けている状態を言う。(尚、私の場合には、表から裏まで完全に欠けている場合には、カケと表記し、ホツとは別扱いにしております。)

窓明き・マドアキ

お皿などに絵付けをする場合、窓の様な白抜きを施す事。またその窓形の額の中に一つの絵が描かれます。中には作成途中、又は手抜きかと思うような何も描いて無い物も稀に見ることがあります。